堺市 鳳駅 原田耳鼻咽喉科

Bスポット療法

のど風邪やのどの違和感、後鼻漏に効果があるBスポット療法

Bスポットとは、上咽頭(鼻咽腔)のことで、一般的にのどちんこと呼ばれる口蓋垂の裏側にある部分で、咽頭扁桃というリンパ組織があります。
その部分に塩化亜鉛というお薬を塗り、炎症を治療をします。

Bスポット療法の対象となる疾患

  • のど風邪
  • のどの違和感
  • 後鼻漏(鼻からのどに鼻水が垂れる感じ)

肩こりやめまい、片頭痛にも効果があると言われています。

Bスポット療法の注意点

Bスポットは炎症がある部分に直接塩化亜鉛というお薬を塗る治療法のため、痛みを伴います。
この痛みは炎症が強ければ強いほど強くなります。
ただ、炎症が治まるにつれて痛みも徐々に弱くなり、炎症が治まるころにはお薬を塗っても痛みはほとんど無くなります。


お薬を塗る時に炎症部分を直接こすりますので、初めのうちは痛みとともに出血を伴うこともあります。
こちらは一時的なもので、唾液に多少の血が混ざる程度ですので心配はいりません。


Bスポット療法をご希望の方は受付にてお申し出ください。