堺市 鳳駅 原田耳鼻咽喉科

採用情報【言語聴覚士】

現在のところ募集は中止しております。

本当にあなたがやりたかった仕事ができていますか?

院長

医療法人交友会 原田耳鼻咽喉科の理事長の原田です。

耳鼻咽喉科での言語聴覚士の業務、と聞くとどのような業務を想像されるでしょうか?実際に日本国内の耳鼻咽喉科医院で言語聴覚士が勤務している医院はほとんどありません。

では、なぜそのような状況で言語聴覚士を募集しているのか?

当院では、耳鼻咽喉科の中に補聴器外来を併設しており、過去5年での補聴器外来の受診者は延べ15,000人を超えています。

これまでは認定補聴器技能者が主として補聴器外来を担当しておりましたが、当院の実施する補聴器外来のスタイルが患者さんの御支持をいただき、現在大変予約が取りづらい状況が続いています。

実際に補聴器を求めている潜在ニーズは日本国内でも大変多くあると考えられており、一般社団法人 日本補聴器工業会の調査では、日本の人口の内、難聴または難聴だと思っている人は11.3%いるとされています。人口換算すると約1434万人の方が、難聴または難聴だと思っているということです。
そのうち、難聴者に占める補聴器の所有率(普及率)は13.5%であり、人口に換算すると約200万人ということになります。
これは、約1200万人分の潜在的な補聴器需要があるということだと当院では考えています。
この補聴器の需要は高齢化が進むにつれてさらに増加することでしょう。
ですから当院では社会の需要に応えるためにも多くの言語聴覚士の方の協力を必要としています。

補聴器外来の実施業務には各種の検査はもちろん、カウンセリングやフィッティング業務など多岐に渡ります。複数名の言語聴覚士が補聴器外来に参画し、研鑽をつみながら活躍の場を広げて頂いています。 しかし、それでも人手もスペースも足りなくなってきているのが実情です。 そこで、2013年8月より補聴器外来フロアを新設したところ、すぐに多くの方が来院され、2015年末にさらに補聴器外来フロアを拡張、多くの患者さんのニーズに応えられる様、現在も数名の言語聴覚士が補聴器外来業務に取り組んでいます。

複数名の言語聴覚士が補聴器外来に参画し、研鑽をつみながら活躍の場を広げて頂いています。

聴覚分野での仕事経験の無い方も歓迎です。メーカー主催のトレーニングコースへの参加や、各メーカーの講師が当院まで来訪の上、出張セミナーも随時開催して頂けるので、初めての方でも順序 立てて補聴器について学び、業務に携わって頂くことができます。

・・・・難関国家資格の1つである言語聴覚士。
大きな希望や志を抱いて皆さんはこの道に進まれたかと思います。
一方で、言語聴覚士の活躍できるステージがリハビリテーションに偏り過ぎている現状があり、そのギャップに悩まれている方もいらっしゃるかと思います。
折角取得された資格を眠らせてしまっている方も少なくないでしょう。

当法人の耳鼻咽喉科院内にて補聴器外来を併設するスタイルは、全国的にみても珍しい診療スタイルであり、聴力の改善を提案できる新しいモデルを当法人では確立しようとしています。

先ほども述べましたが、補聴器のフィッティングはこれからも大きな需要が見込まれさらに、社会から求められている仕事です。
つまり、適切な補聴器の提案と聴力の改善のお手伝いという新たなチャレンジにあなたも携わってみませんか?

いずれは当法人を卒業し、ご自身で事業を開始したり、あるいは他の耳鼻咽喉科での補聴器外来開設に尽力して頂いたりと、様々なキャリア形成にも力を注いでいきたいと考えています。

具体的な業務内容としては、耳鼻咽喉科における聴力関連の各種検査や聴覚のリハビリテーションの他に、補聴器外来部門でのカウンセリング業務やフィッティング業務に積極的に携わって頂く予定です。

リハビリテーションだけが言語聴覚士の仕事ではありません。

言語聴覚士の方の本来の領域である聴こえの分野、しかも新しく将来性のあるフィールドで、存分に貴方の力を発揮してみませんか? すぐに面接、という訳ではありません。 見学もいつでも受け入れていますので、お気軽にお問合せください。 貴方の新しいチャレンジをお待ちしています。

募集要項

業務内容補聴器外来部門のカウンセリング 検査業務 フィッティング業務 販売業務
耳鼻咽喉科部門の各種検査業務(全てゼロから指導致します。)
雇用形態常勤
就業時間月・火・水・金 9:00~19:00(うち休憩60分)土 9:00~12:00
休日木曜、日曜、祝日(週休2.5日制)
休暇年末年始休暇(5日間程度) お盆休暇(3~5日間程度)・・・年間休日120日以上
保険等社会保険・厚生年金完備・労災・雇用保険加入
研修学会・セミナー参加費補助有
賃金例月給 20万円~35万円 ※試用期間6カ月有(17万円~)
※上記は補聴器取扱い未経験の場合
※経験者の給与は経験・実績を考慮し、決定(試用期間あり)
勤務可能時期相談の上決定
昇給賞与昇給:不定期 賞与:業績手当として年4回
お問い合わせ先072-266-0157(採用担当宛)

当院で働く言語聴覚士より

池原

私自身、補聴器外来は言語聴覚士として初めて携わる業務でしたが、これまでは経験することができなかった新しい体験を日々積むことができています。

補聴器外来は補聴器を売ることがゴールではなく、補聴器を通じて、患者さんにとっての最適な聴こえを実現して頂くことがゴール。その中で何度も通院して頂いて、聞こえが格段に改善し、患者さんに喜んで頂いた時の感動は言葉で表しがたいものがあります。

補聴器外来の業務はこれから益々社会に必要とされると思いますし、この分野にもっともっと言語聴覚士が携わっていくべきだと強く感じています。

貴方と一緒に働けることを楽しみにしています。是非見学にお越しください。

補聴器外来見学の受け入れについて