大阪 堺市 耳鼻咽喉科(耳鼻科) 原田耳鼻咽喉科 JR鳳駅徒歩3分

かぜ症候群

主な症状

咽頭痛、発熱、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、全身のだるさなど、それぞれの部位の炎症が複合的におこるいわゆる「かぜ」の症状です。(医学的には「かぜ」という病名はありませんが医学的にいえば、ウイルスによる急性上気道感染症といったところです。)

原因と対策

日本呼吸器学会がまとめた風邪治療に関するガイドラインは次のようになっています。

  1. 1. 自然に治るもので、風邪薬で治るものではない。
  2. 2. 普通は3~7日で治るが、14日程度かかる場合もある。
  3. 3. ほとんどがウィルス感染である。ただし、インフルエンザを除いて、有効な抗ウィルス薬は存在しない。
  4. 4. 抗菌薬(抗生物質)は風邪に直接効くものではない。
  5. 5. 抗菌薬を乱用すると、下痢やアレルギーの副作用や薬が効かない耐性菌を生み出す危険がある。
  6. 6. 風邪薬は、症状の緩和が目的の対症療法にすぎない。
  7. 7. 多くの風邪薬、特に総合感冒薬は、連用すると発疹や発熱、胃腸障害など副作用の危険がある。
  8. 8. 発熱は体がウィルスと戦っている免疫反応で、ウィルスが増殖しにくい環境を作っている。
  9. 9. 解熱・鎮痛剤は、症状が激しい場合のみ頓服として使う。アセトアミノフェンなど作用が穏やかな薬が推奨される。
  10. 10. 十分な食事が摂れない時や消化性潰瘍がある人、アスピリン喘息、腎不全の人はアスピリン、イブプロフェン、ナプロキセンなどの解熱・鎮痛剤は飲んではいけない。
  11. 11. 症状の持続(4日以上)や悪化が見られる時は医師の診断が必要。
  12. 12. 予防にはうがい、手洗いが有効。うがいには殺菌効果がありポピドンヨード(イソジン)が望ましい。
  13. 13. 発症時、とくに発熱時に最もウィルスをうつしやすい。

以上でこれを読むとわかるように普通感冒(かぜ)は治療がいらないというよりむしろ解熱鎮痛剤は有害であると述べています。8の反応を解熱剤で抑えてしまうからです。総合感冒薬はほとんどが解熱鎮痛消炎剤・抗ヒスタミン剤などの合剤です。無理に熱を下げるとウィルスが増殖するので薬が切れるとさらに高熱になります。また抗ヒスタミン剤で鼻水や痰の流出を抑制するとウィルスや最近が粘膜上に滞り症状がさらに悪化します。風邪が長引く原因は、実は総合感冒薬が作り出しているケースが多いのです。以上の理由で医科向けの総合感冒薬は次第に使われなくなりました。(PL顆粒、ネオアムノールがそれです。)
一般向けにはテレビCMで数多く宣伝されておりますが宣伝にだまされないようにしてください。


「効きます。」と言っていますが決して「治ります。」とは言っていません。


風邪の場合は、結局栄養水分を十分に摂り十分な保温をして無理をせず安静にそして睡眠を十分にとる。これが一番です
薬を使う場合はやはり漢方が適していると思います。
のどの炎症を鎮め体を温める薬剤を用います。上記の治療ガイドラインにも沿っています。
ただし数日から10日以上のどの痛み、発熱、咳、鼻汁が治まらないあるいは悪化する痰や鼻汁の色が変化してきたといったような場合は、別の病気を併発していますのですぐに受診してください。


風邪は万病の元です。風邪は原則治療は不要ですが、万病は原則治療が必要です。
いつまでも風邪が治らないと勘違いされないようにしてください。


当院での治療では、もちろん鼻や咽喉の処置を行った上で、咽頭痛に関してはトランサミンの処方や漢方薬を処方し、免疫の力を高める治療を行ないますが、上記のガイドラインに従い、抗菌剤の安易な使用は行いません。


ちなみに風邪が悪化させるあるいは誘発する疾患としては、中耳炎(急性、滲出性、慢性)、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、扁桃炎、気管支炎、気管支喘息、肺炎があります。逆に副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など鼻の疾患を放置しますと風邪にかかりやすくなります。病気が病気を呼び悪循環を引き起こしますのでご注意を!