大阪府堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 補聴器専門外来

聞こえが悪くなり日常生活や仕事が困難となったより多くの方々に聞こえが提供できるようにするのが目的で、ヒヤリングスタジオを2013年11月より開設いたしました。

我々スタッフ一同のミッション(使命)

我々スタッフ一同のミッション(使命)

難聴の方の一人ひとり違った「きこえ」に対して、より良い聴こえを提供します。
難聴の方を取り巻く人・環境を理解し、よりよい聴こえを提供します。
補聴器装用する際の心理面をサポートいたします。

また、難聴が原因で耳鳴がある方にも同様のサポートをしてまいりたいと思います。

ヒアリング・スタジオの特徴

ヒアリング・スタジオの特徴

さて、ではヒアリング・スタジオの何が一般の補聴器販売と違うのでしょう。
当科のヒヤリング・スタジオは医療施設での運用ですのですべての行為に医療費がかかってまいります。
運営スタイルが一般と同じでは、補聴器技能者や言語聴覚士が事に当たっても全く意味がありません。
難聴があれば、補聴器を購入して装用すると短絡的に考えがちですが、

ちょっと待ってください。

これが補聴器でなく車ならどうでしょう。
無免許の方が車を買っても全く意味がありません。
そうです運転する技能がない人に車を与えても全く無用の長物です。 補聴器の場合も取り扱う技能、補聴器を装用した場合の聞こえから言 語の情報を取り出す技能が備わっていなければ、補聴器は役に立たな いどころか苦痛でしかありません。

院長

補聴器購入の失敗談をよく耳にしますが、理由はそこにあります。
運転免許を取るには、自動車教習所に行って教官に運転技能を習うのと同様に補聴器を 活用できるようになるために補聴器技能者や言語聴覚士に補聴器活用技能を習うと考え ていただければ、理解しやすいと思います。
教習所に多くの教習車があるように当スタジオには、数多くの試聴機を取りそろえており、皆さまにそれらを使って聴取能の獲得 のお手伝いをさせていただいております。

当ヒヤリング・スタジオでは、補聴器を活用する技能を獲得できない方に補聴器購入を お勧めすることはありません。
どうぞ安心して当スタジオをご活用ください。
一人でも多くの方々にコミュニケーションの喜びを取り戻していただければ、これ以上の我々の 喜びはございません。

以上、当施設代表として院長の挨拶の言葉とさせていただきます。

医療法人 交友会 原田耳鼻咽喉科
理事長 原田昌彦

新規受診に際してのお願い、アクセス方法 補聴器の正しい選び方
ページのトップへ