大阪府 堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 外耳道炎(外耳炎)

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

頻繁に外耳道炎を繰り返している方へ
是非読んでいただきたい内容です。

メニューはこちら

大阪府堺市鳳にある、原田耳鼻咽喉科の外耳道炎の解説ホームページです。
是非このホームページをご覧いただき、外耳道炎についての正しい知識を得てください。

いつも耳がかゆくて耳かきや
綿棒で触っていませんか?


掻いてはまた傷つけ・・・を繰り返し、
頻繁に外耳道炎を発症すると
恐ろしい病気に悪化する場合があります。


【正常な外耳道】
【外耳道炎】
【外耳道真珠腫】

外耳道炎の原因の殆どは
ご自身の耳かきや綿棒によるいわゆる「自傷行為」です。
耳の「掃除」を目的としながら、実はご自身の耳を傷つけている訳です。
一旦外耳道炎になるとその痒さから、また掻いてしまい・・・を
繰り返しがちです。



当院に駆け込んでくる外耳道炎の方の多くが日常的、反復的に耳かきで耳を触っています。
いえ、傷つけていると申し上げたほうが良いかも知れません。


そのような方が外耳道炎の「負のスパイラル」から抜け出せるようにと思い、
このホームページを作りました。
ご覧頂いて、今までの悪しき習慣から是非抜け出してください。



外耳道炎を軽視せず、
適切に治療することが大切です。


CASE1: 
30年間、外耳道炎が治らなかった方

30年間、1つの医院に通院して処置を受けていたものの、よくならず、ホームページをご覧になって当院にお越しになられました。

みみだれに加えて聴こえにくい、ということで、観察すると、鼓膜に細菌感染により増殖する肉芽(にくげ)がみられました。(肉芽性鼓膜炎)。治療前の映像の左下部分に見えるプツプツとしたゼリーのような塊が肉芽です。

綿棒や耳かきを一切禁止し、外耳道を消毒する治療をしっかりと続けることによって、1ヶ月半で完治しました。(上記治療後の映像にはまだ鼓膜に最後の肉芽の残党が残っていますが、こちらも数日で消滅しました。

【Before】
【After】


CASE2: 
なかなか外耳道炎が治らずに、3件はしごをされた上で当院にお越しになられた方

かゆみがひどくて受診されました。当院にお越しになられる4カ月前から3院を梯子しながら、消毒と点耳薬にて治療をうけておられたようです。それでも治療中にもかかわらず度々耳を触っておられたとのことです。

耳の中を観察すると、外耳道真珠腫に加えてカビも繁殖していました。本人もさすがにこの映像を見てショックを受けておられましたが、しっかり治療を受けられることを決意して頂きました。

耳を触ることを一切禁止した上で、ブロー氏液を用いて消毒を行ったところ、当初治癒まで3ヶ月ほどかかると思われていたものが、患者さんがこまめに治療を受けて頂いた成果もあって、約1ヶ月でほぼ完治するに至りました。

【Before】
【After】


>> 外耳道炎とは?〜外耳道炎の原因〜